日時
 
 会場
 詳細

















後藤 ちしを(ソプラノ)
Chishio Goto (Soprano) 



札幌市出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学大学院修士課程オペラ科修了。 在学中に安宅賞受賞。藝大定期オペラ公演「皇帝ティートの慈悲」セルヴィリヤ役でデビュー(東京・メルパルクホール)。サントリーホールデビューコンサート「RAINBOW21」出演。日演連推薦新人演奏会出演。在学中より「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」「ミサ曲ロ短調」(バッハ)、「カルミナ・ブラーナ」(オルフ)、「戦争レクイエム」(ブリテン)、「レクイエム」(フォーレ、モーツァルト、ヴェルディ)、「第九」他、演奏会に多数出演。オラトリオでは「メサイヤ」(ヘンデル)、「ハ短調ミサ曲」(モーツァルト)、「レクイエム」(モーツァルト、フォーレ)等でソリストを務める。
第13回北海道国際音楽交流協会(HIMES)音楽コンクール声楽部門第1位にてオーストリア・ウィーン留学。国際ロータリー財団奨学生としてイタリア・ミラノ留学、ミラノ音楽院に在籍。ヴィチェンツァ第3回国際声楽コンクール(Schio 3゜Edizione)第1位他、在伊中7つの国際声楽コンクールに上位入賞、またはファイナリストとなる。イタリア・サンレモ音楽祭に於ける、第11回サンレモ国際声楽コンクールにて東洋人唯一のファイナリストとなり(サンレモカジノ劇場)、その様子はSKY-TVにてテレビ放送される。
オペラ「ラ・ボエーム」(Asti)ムゼッタ、「修道女アンジェリカ」(Milano)ジェノヴィエッファ、ドルチーナ、「清教徒」(Milano)エルヴィーラ、「愛の妙薬」(Milano)アディーナ役で出演。 オリンピコ劇場(Vicenza)にてガラコンサート「I VIRTUOSI」出演。モーツァルト生誕250周年として開催された、大聖堂サンタ・マリア・デッレ・グラツィエに於ける「レクイエム」(M.Schollによる世界初演、パルマ国立音大オーケストラ)にソプラノソリストとして演奏。故マエストロ・ルチアーノ・パヴァロッティを偲ぶ追悼コンサート出演(スカラ座友の会)、F.Longhi(バリトン)らと共演。その他、ミラノを中心にイタリア各地でコンサートへ多数出演、テノールR.Cazzaniga氏らと共演。
一方、札幌での演奏活動も続け、HIMESニューイヤーコンサートソリスト、骨髄バンク・チャリティーコンサート(札幌コンサートホール・キタラKitara)、「ペール・ギュント」(札幌座第30回公演、サンピアザ劇場)、ロビーコンサートなどに出演。また札幌時計台にてソロコンサート、札幌サンプラザホールに於いてリサイタル開催。「スピントした声の魅力には大物の素質が備わっていた」−とその演奏の様子は「音楽の友」に掲載される。
2011年帰国。震災後、札幌、東京の他、福島(福島音楽堂)、名古屋(熱田文化小劇場)、岐阜(都ホテル)、長野(ホテル木曽路)、沼津(淡島ホテル)、横浜(インターコンチネンタルホテル)他、各地にて演奏会、リサイタルへ出演。 帰国後もレパートリーを深めるほか、オペラでは「ファルスタッフ」「椿姫」「シモン・ボッカネグラ」「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」「ばらの騎士」「魔弾の射手」「蝶々夫人」「愛の妙薬」「ノルマ」他へも取り組んでいる。声楽を松田由理子、戸田敏子、伊原直子、G.W.Mittendorfer、A.Strnadt、各氏に師事。またウィーンでは宮廷歌手G.Sima、イタリアではソプラノA.Scarabelli、M.Freniの各氏よりアドヴァイスを受ける。
スコアをL.Gorla、M.Bullo、C.Cameriniの各氏に師事。ハイメスアーティスト会員、日本声楽アカデミー准会員。現在、東京都在住。(2016/3/9)