日時
 
会場
 
 詳細


 
 
 







原田 勇雅(バリトン)
Yuya Harada (Bariton) 



埼玉県出身。県立熊谷高校卒業後、東京芸術大学卒業、同大学院修了。日本クラシック音楽コンクール声楽部門(高校の部)全国大会入選。大学在学中、毎日新聞社主催第58回全日本学生音楽コンクール声楽部門(大学・一般の部)東京大会第1位、同全国大会優勝。同時に都築音楽賞、日本放送協会賞を受賞。NHK-FM出演。第19回友愛ドイツリートコンクール(一般の部)第3位、聴衆賞。第40回イタリア声楽コンコルソ(シエナ部門)ファイナリスト。数々の音楽賞の他、ソリストとして朝日新聞社主催第57回芸大「メサイア」をはじめ、芸大合唱定期、奏楽堂モーニングコンサート、ベートーヴェン「第9」やモーツァルト「レクイエム」、シューベルト、シューマン、ブルックナー、フォーレ、マーラー等の作品、宗教曲に出演、オペラでは「フィガロの結婚」伯爵、「椿姫」ジェルモン、「こうもり」のファルケ、「電話」ベンなどを演じるほか、劇音楽「ペールギュント」のペールギュント等を演じる。文部科学省委託事業公演や、文化庁舞台芸術の魅力発見事業で主演を務めるほか、プロオケとの共演、作曲家青島広志氏との公演活動、国体特別演奏会など、全国各地で様々な演奏会に出演、また演奏会企画や新作初演、合唱指揮、学校公演、ナレーション、コラム連載、脚本など、21世紀を担う若手演奏家の一人として、その活動の幅を広げている。その文化活動を地元熊谷市より顕彰されたほか、駅コンサートやレクチャーコンサート等をプロデュース、新市合併後新市歌のレコーディングを行なっている。
声楽を大澤壯吉、高橋大海、渡邊明、楽曲分析を小田嶋礼子、青島広志の各氏に師事。
研究員ディプローマ在籍。ジョイントリサイタル出演。日本声楽アカデミー会員。日本声楽家協会会員。MUSICA SEIJI代表。 (2010/1/16)