日時
 会場
 
 詳細




  



倉石 真(テノール)
Makoto Kuraishi(Tenor) 



東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、大学院オペラ科修了。芸大定期オペラ『コシ・ファン・トゥッテ』のフェランド役でデビュー。2000年渡伊、ボローニャ国立音楽院で学ぶ。2001年モンテプルチアーノ国際音楽祭に出演。帰国後は日生劇場『ジャンニ・スキッキ』(リヌッチョ)を始めとして東京室内歌劇場、新国立劇場等に出演。近年は横浜シティオペラ『愛の妙薬』(ネモリーノ)、藤沢市民オペラ『メリーウィドウ」(カミーユ)、『カヴァレリア・ルスティカーナ』(トゥリッドゥ)などに出演、高い評価を得ている。またヴェルディ『レクイエム』、ロッシーニ『スタバト・マーテル』、ベートーベン『荘厳ミサ』等のソリストとしても国内外のオーケストラと共演している。東京音楽大学非常勤講師。啓声会会員。日本声楽アカデミー会員。(2011/6/24)