松田 希世(ソプラノ)
Kiyo Matsuda (Soprano) 



武蔵野音楽大学声楽学科卒業。
在学中よりイタリアへ短期留学し、故アリーゴ・ポーラ氏のもとでレッスンを受ける。
卒業後、大倉山記念館主催「新人演奏会」、大田区民オペラ協議会「フィガロの結婚」花娘1役などで音楽活動を開始する。
小山晃氏監修「ベルカントの夕べ」第1回と第3回に出演。
首都オペラ主催公演「椿姫」フローラ役、また首都オペラ・葉山芸術祭主催公演の清水脩作曲「炭焼姫」題名役を演じた。
日本声楽家協会主催公演「ラ・ボエーム」「蝶々夫人」「椿姫」「コシ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョバンニ」「魔笛」などのオペラに出演。
サントリーホール土曜サロン・ザルツブルクの小径「魔笛」童子役出演。また、1999、2000、2007、2009年にリサイタルを開催し、「音楽の友」および「神奈川新聞」紙上で高い評価を得る。
2010年2月、ファーストアルバムCD「初恋〜日本のうた」リリース
高橋大海、梅原瑛子、故稲垣泰子各氏に師事。
現在、日本声楽家協会研究員 日本演奏連盟会員。
声楽・ピアノ個人レッスン 合唱指導 幼児教育指導、また、病院などで、演奏ボランティア活動もおこなっている。
(2012/11/29)