日本声楽家協会 >> 日本声楽アカデミー会員 >> 三津山 和代



 
日時
 
会場
 
 








三津山 和代(メゾソプラノ)
Kazuyo Mitsuyama (Mezzo Soprano) 



東京芸術大学卒業。同大学院独唱科修了。二期会オペラスタジオ第35期マスタークラス及び文化庁オペラ研究所第9期修了。‘94年秋より文化庁芸術家在外派遣研修員としてイタリアに留学。その間に第6回トルトーナ国際声楽コンクール第3位(1位なし)。第3回藤沢オペラコンクール第3位。第3回松方音楽大賞受賞。岡部多喜子、高橋大海、F・アルバネーゼ、故A・ベルトラーミの各氏に師事。’89年東京文化会館新進音楽家デビューコンサート及び新宿文化センター「フレッシュコンサート」を皮切りに様々なコンサートに出演。‘94年二期会公演「トロヴァトーレ」でオペラデビュー後、文化庁芸術祭公演「祝い歌が流れる夜に」他、「リゴレット」「修道女アンジェリカ」「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」「蝶々夫人」「ヘンゼルとグレーテル」「こうもり」「エルナーニ」等、数多くのオペラに出演。特に’98年藤沢市民オペラ「リエンツィ」ではズボン役アドリアーノの説得力ある演唱を高く評価された。新国立劇場にも、‘02年1月「忠臣蔵」大石主税役でデビュー。日本の創作オペラも含めた幅広い役柄を堅実に演じ好評を博している。多くの宗教曲、又ブラームス、シューベルトの重唱曲のソリストも務め、童謡、唱歌のコンサートも行っている。
去る6月12日、故郷四国・松山で初リサイタルを開催した。二期会会員。日本演奏連盟会員。日本声楽アカデミー会員。