日時

 会場
 









太田 朋子(ソプラノ)
Tomoko Ota (Soprano) 



東京生まれ。武蔵野音楽大学およびパリ・エコール・ノルマル音楽院を修了し、 十年余りフランスを拠点にヨーロッパ各地で演奏する。
その間、ことにジャン・コクトオのテキストによるプーランク作曲のオペラ「人間の声」は4シーズンのロングランとなり、その演唱はフランス国内の新聞紙上で高い評価をうけた。同作品を含むプーランク歌曲によるCDは我が国でも雑誌〈 音楽の友 〉〈 ステレオ 〉等で好評を得る。
帰国後も2004年から始めた「Essayez d‘imaginer」のタイトルによるフランス歌曲リサイタル・シリーズは毎回意欲的なプログラムで継続、2013年作曲家没後50年を期に始められたピアニスト鶴園紫磯子女史との「プーランクをめぐるレクチャーコンサート」もライフワークとなっている。 フランス歌曲の研究と演奏のためのグループ「Voix et impression」代表。 これまでに、さまざまなオペラ団体のフランスオペラ上演に際して歌手の原語指導、 日本声楽家協会・二期会オペラ研修所等でもフランス声楽曲の指導にあったている。
日本声楽アカデミー、日本フォーレ協会各会員。 フェリス女学院大学、桐朋学園大学および東京藝術大学・大学院各講師。 (2015/3/9)