日時
 
会場
 
 


 




吉田 伸昭(テノール)
Nobuaki Yoshida (Tenor) 



東京芸大声楽科卒。同大学院修士課程修了。1988年よりロータリー財団奨学生としてザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学。留学中は、1990年『ザルツブルク国際モーツァルト週間』にてミサ曲のソリストを務めるなど主に宗教音楽の分野で活躍。帰国後は二期会『フィデリオ』『カルメン』『コジ・ファン・トゥッテ』『魔笛』『こうもり』をはじめ、新国立劇場オープニング公演『建』『魔笛』『沈黙』日生劇場『後宮からの逃走』東急Bunkamura『マダム・バタフライ』東京室内歌劇場『脳死を越えて』東京オペラプロデュース『ベアトリスとベネディクト』の他、『ラ・ボエーム』『ドン・ジョヴァンニ』『フィガロの結婚』等、さらに台湾、韓国においてもオペラ出演が続いている。特に團伊玖磨『ひかりごけ』の西川役は新聞、雑誌等でも高い評価を得た。近年、『夕鶴』の与ひょう役、韓国ソウルでの韓国オペラ『春香傳』のパンジャ役などが高い評価を得、さらに宮本亜門演出による二期会『フィガロの結婚』など話題のオペラや、日生劇場40周年記念『ルル』、東京の新国立劇場と韓国国立劇場においてユ・イサン作曲『リウトゥンの夢』、埼玉オペラ協会25周年記念『カルメン』等にも出演した。ベルリオーズ『ロミオとジュリエット』、シェーンベルク『ヤコブの梯子』、ハイドン『天地創造』、團伊玖磨『ひかりごけ』、ヴォルフ『イタリア歌曲集』のCD録音がある。これまでに三林輝夫、ルドルフ・クノール、パウル・シルハウスキーの各氏に師事。第6回日仏声楽コンクール第2位(1位なし)、第4回日本声楽コンクール入選、並びに『田中路子賞』。第15回奏楽堂日本歌曲コンクール入選。平成7年度文化庁芸術インターシップ研修員。上野学園大学准教授、東京藝術大学、洗足学園音楽大学講師。日本フーゴー・ヴォルフ協会同人。東京室内歌劇場会員。埼玉オペラ協会理事長。二期会会員。日本声楽アカデミー会員。
(2007/2/19)